ウーマン

脂肪吸引の治療法|新たな美容整形として口コミで話題の脂肪冷却

術後のマッサージ

女医

脂肪吸引の後は皮膚が硬くなるという現象が発生します。これは神戸や全国各地の美容整形で共通であり、口コミにもそういった情報があるかも知れません。しかし、これは正常な過程なのです。その状態を改善するために、マッサージというものが必要になってくるのです。
脂肪吸引ではカニューレを用いた脂肪組織の吸引が一般的ですが、脂肪吸引後、皮下層の脂肪細胞が硬くなってしまうという現象が起きます。これは硬縮と呼ばれており、一部の脂肪がなくなったことにより皮下層の脂肪細胞がパニックを起こすというメカニズムによって発生する現象です。神戸や全国の美容整形においてこの現象は認められています。また、口コミや各種サイトでもこの情報について取り上げられています。
この硬縮という現象は、術後1週間程度で発生するといわれています。硬縮した皮膚に対しては、マッサージを行なうことによってその硬さを取り除くことができるのです。術後の硬縮対処のマッサージまで含めての脂肪吸引施術といえるでしょう。
マッサージは、期間にしておよそ1か月から3か月をかけて実施する必要があるといわれています。タイミングとしては、患部の腫れや痛みがひいた段階が最適です。その方法については、基本的にクリニックで学ぶことができます。神戸の美容整形を利用する際には、事前のカウンセリングや口コミでマッサージの方法や学ぶタイミングについて押さえておくと良いでしょう。また、クリニックによっては、看護師によるマッサージが施術に含まれている場合もあるようです。
また、マッサージを行なってくれる器具も存在します。エンダーモロジーという器具がそれにあたります。開発された経緯はセルライトに対処するためというこのエンダーモロジーですが、脂肪吸引後のアフターケアにも用いられることがあります。ローラーマッサージ機の特徴を活かしたマッサージで、吸引後の皮膚のデコボコや硬縮の改善に一役買ってくれます。
また、CETというトリートメントもあります。これは高周波温熱トリートメントと呼ばれており、高周波が生み出す温熱効果を皮膚の深い部分に与えることで細胞の活性化を促すトリートメントです。CETは傷やむくみを癒すことの他に肌の代謝促進の効果もあります。脂肪吸引施術においては、術後のダウンタイムを軽減する目的でこのCETを用いるところもあるようです。
このように、マッサージは脂肪吸引のアフターケアとして非常に重要で、その行為を助ける器具も存在します。口コミの情報を辿ってみるか、または実際に神戸の美容整形に足を運び、これらのアイテムが存在するか確認してみると良いでしょう。