ウーマン

脂肪吸引の治療法|新たな美容整形として口コミで話題の脂肪冷却

麻酔方法の違い

ドクター

神戸の美容整形において、麻酔方法には種類がありますが、代表的なものは組み合わせによる麻酔です。特に代表的なものは、局所麻酔と静脈麻酔や硬膜外麻酔などを組み合わせる方法です。そうすることにより、麻酔の量を最小限に抑えることができるのです。その一方で、状況によっては全身麻酔が有効な場合もあります。細かい部分については、口コミにより情報を得ることは難しいかも知れませんが、麻酔の組み合わせについては、施術対象となる部位や医師の判断で異なってきます。
では、なぜ麻酔の方法が異なる場合があるのでしょうか。それは、患者ごとに適した麻酔方法があるためです。口コミなどを頼りに神戸の美容整形を訪れる方の体質や症状は実に様々です。そういった方々の一部に対して用いられる手法は、麻酔によって眠らせるというものです。眠らせることにより利用者の不安をなくすという効果があります。この方法を用いると、その後使用する麻酔の方法は限定されます。一般的に、眠った状態での施術については静脈麻酔と局所麻酔の組み合わせが有効とされています。
一方で、意識がある状態で行なう麻酔は、硬膜外麻酔というものが神戸や全国の美容整形において一般的です。またその他の方法として、注射器を用いて施術部位に直接麻酔をかけるという方法もあります。これは利用者に痛みを伴うため、限定的に用いられる方法とされています。そして、その他の麻酔に全身麻酔というものがあります。これは施術が体の広範囲に渡って行なわれる際に用いられます。口コミやネットでも、麻酔についての体験談や情報があるかも知れません。
ここで、脂肪吸引に用いられる麻酔方法の種類を細かく見てみましょう。まずは、局所麻酔です。局所麻酔は、施術を行なう部位に対して直接打ち込む方法です。これにより施術の痛みは完全になくなります。局所麻酔の一般的な方法として、チューメセント法というものがあります。麻酔時には激しい痛みを伴うということが特徴です。
局所麻酔による激しい痛みを和らげる方法として、静脈麻酔があります。これは点滴を用いることで麻酔を注入し、一時的に眠りにつかせるというものです。眠っている最中に局所麻酔を行なうことで痛みを感じなくさせるという方法です。こういった特徴から、神戸の美容整形では局所麻酔と静脈麻酔の組み合わせが一般的とされています。
次に、硬膜外麻酔の特徴について取り上げます。これは背中からカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、そこから少しずつ麻酔を注入するという手法です。この方法は広範囲を無痛にでき、利用者も意識がある状態で行なわれます。部位としては下半身の脂肪吸引に適しています。
最後に、全身麻酔についてお伝えします。全身麻酔はガスを吸い込むことによりあらかじめ眠った状態にすることで行ないます。この後に局所麻酔を組み合わせるのが一般的です。
このように、麻酔の方法にも違いがあります。体験談などは口コミで確認することができるかも知れませんが、具体的な方法について細かく確認したい場合は、実際に医師へ確認してみることでより正確な情報が得られることでしょう。