ウーマン

脂肪吸引の治療法|新たな美容整形として口コミで話題の脂肪冷却

脂肪吸引の切開部位

ウーマン

神戸で行なう美容整形では、カニューレを用いた脂肪吸引が一般的とされています。カニューレというのは吸引管のことで、これを体内に通す必要がありますが、その際に皮膚を切開するという施術を行なうのです。そして、その場所は、対象の施術により異なります。友人に切開の跡を見せられたり、口コミで切開の話を聞いて施術前に不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、心配は不要です。切開は、利用者の負担にならないような部分に場所決めをして行なうのです。
また、切開のコツというのもあります。基本的には、目立たない場所を選びます。具体的にはシワのラインに沿うような方法が用いられることがあります。そして、カニューレを取り出したりする際に傷口に影響を与えないようにスキンプロテクターを用いたりもします。傷跡を最小限にとどめる工夫がされているのです。
では、脂肪吸引における切開の代表的な箇所を見ていきましょう。まずは、太ももです。太ももの脂肪吸引で一般的に切開される場所は、前面であれば足の付け根の部分が一般的です。ビキニラインのシワに沿うことで傷跡を目立たなくします。後面であれば、お尻の目立たない部分が一般的とされています。太ももの脂肪吸引において用いられるカニューレは、およそ3ミリ前後の太さとされています。
次に、ふくらはぎの脂肪吸引についてお伝えします。ふくらはぎの脂肪吸引で一般的に切開される場所は、膝裏や足首となります。特に足首はシワに沿うことで傷跡を目立たなくします。ふくらはぎの脂肪吸引において用いられるカニューレは、およそ2ミリ前後とされています。これはカニューレの中でも細い部類に入ります。ふくらはぎは脂肪層が他と比べて薄いためにこのような細いカニューレが用いられるのです。
続いて紹介するのは、お尻の切開箇所です。これは太ももの後面と同様、お尻の下側のシワのラインに沿った目立たない箇所が切開の対象となります。使用するカニューレは太もも同様約3ミリ前後の太さです。
続いては、腹部の切開についてです。腹部の切開箇所はおへそや腹部の横側などが一般的です。カニューレの太さは3ミリ前後です。
二の腕に対しても切開箇所はある程度決められています。肘のシワに沿って目立たない場所が切開に多く用いられます。カニューレの太さは2ミリから3ミリ程度で、これまで紹介したカニューレと同規模のものです。
そして、傷跡が特に気になるのは顔の部分ではないでしょうか。口コミなどの情報により、神戸や全国の美容整形では特に顔の切開に対して不安を持たれる方が多くいらっしゃるかも知れません。顔の切開場所は、耳の付け根あたりが一般的です。付け根の中でも目立たない場所を狙って切開するので、口コミを聞いて不安になった方も安心できるのではないでしょうか。
切開をするということは、良くないイメージがつきまとうため、神戸や全国の多くの方が不安になられることでしょう。しかし、美容整形は麻酔による痛みの軽減のみならず、傷跡を目立たなくする工夫も重ねています。気になる方は、成功例の口コミやホームページなどを確認されてはいかがでしょう。体にメスを入れるという作業なので、リスクと効果を十分に知ったうえで、神戸や全国の美容整形に足を運んでみてください。